仙台の矯正歯科

仙台 矯正歯科 五橋デンタルクリニック

022-346-7558

仙台市青葉区五橋2-11-1 ショーケー本館ビル 1F
診療時間 10:00〜13:30 15:00〜19:30 土曜9:00〜13:30

トライアスロン2017

2017年08月4日

8月に入りましたが、まだ梅雨明けしていない東北地方です。ここ数日の仙台は涼しくて過ごしやすい気候となっております。

先日の記事でトライアスロンの事を少し書いたら結構反響があったので、今回はそのお話をメインに進めます。

先月7月16日、秋田で行われたトライアスロン芭蕉レース象潟大会に参加してきました。今季2戦目のレース参加になります。

この大会も昨年スプリントで参加し完走ましたが、今年はフルディスタンスで勝負です。

秋田県の南の海岸線に位置するにかほ市の象潟海水浴場をメイン会場とした本大会、海が綺麗で透明度が高いので、底の岩礁や藻が見え(コース沖合は数メートルの深さがあります)、他の選手との距離感もつかみやすく、とても気持ちのいいスイムコースです。

バイクは浜から高原へ、前半心臓破りのクライムヒルがありますが、それをクリアすると鳥海山の裾野をクルージングしながら緩やかに下るコースとなり、良い景色を眺めなら金浦の海岸線に至ります。そして最後は松尾芭蕉が奥の細道で読んだ事で有名な、九十九島の田園を駆け抜けてゴールします。折り返しのない一本道でこれまた気持ち良いコースです。

最後のランは途中踏切があり、電車が通過すると足止めを食らうという運試しのおまけ付きで、海岸線をランしてフィニッシュと、スイム、バイク、ラン を通してとても爽快なコースです。

私はスイムが比較的得意なので、ベンチプレスで鍛えた上半身をフルに使い、足のパワーをバイク、ランのために温存する作戦でいつも大会に望んでいるのですが、当日は強風と豪雨でスイムが中止となり、代わりに追加ランからのスタートになってしましました。足ばかり使う事となった今回のレース、こうなったらあとは気合いで行くしかありません。

初っ端のラン。バイクトランジットまでのミニラン1.0kmを合わせ、計3.8km。しかもコースの一部が砂浜って、部活の強化合宿のようでした。

続いてのバイク、ハイペース始まったファーストランからクライムヒルで早くも太もも乳酸地獄になり、やっと登り終えたかと思ったら今度は豪雨と突風です。本来気持ちの良い高原ライドは、視界確保が困難な場面もたびたびあるバッドコンディション、とんだ修行になってしまいました。さらに後半雨は止んだものの平地の金浦、九十九島では超向かい風で、さらに疲労が蓄積していきました。

普段のラントレーニングでは10km走るのにだいたい1時間から1時間5分程かかるのですが、トライアスロンの凄いところは、競技中アドレナリンが出まくっていると言うか、体が大興奮状態なので、いつもよりもパフォーマンスが上がるところ。

前回もランを1時間切って完走できましたが、足パンパンの状態で前回の酒田大会よりさらに1分早い57分で走りきりました。

Run2.8km: 14min
Bike40km: 1h44min
Run10km: 57min
Total 52.8km: 2h54min

完走したときは何とも言えない快感に襲われ、心と体が充実感で満たされます。そしてまた次への挑戦へと駆り立てられるのです。

今月は福島、来月は岩手の大会に参加予定でしたが、福島は応募多数で締め切り、岩手は都合悪く断念。また来年、東北の大会に出場しようと思います。

 

でもこの日はそれだけでは終わらず、なんと大学の同窓会もあったのです。
どちらにも参加したかった欲張りな私は、強行を決意。午後にはその足で秋田から新潟に南下。

久しぶりの仲間との再会で、あまりにも楽しく、結局翌日まで呑み明かしてしまいました。

そして朝はゆっくり起きて、好物の鮎を食いに山形に寄り道して仙台に帰てきました。

家に着いて、さすがに足はボロボロでしたが、上半身は全然元気だったのでなんと夜にはベンチプレスと腹筋をしてしまいました。トライアスロンもですが、歯科治療、特に舌側からの矯正治療には日頃からの体幹部のトレーニングが大事なんです。でも良いこの皆さんは真似をしないように(笑。

 

仙台の矯正歯科 五橋デンタルクリニック