下顎前突の矯正治療例 仙台の歯科

仙台の矯正歯科 五橋デンタルクリニック

022-346-7558

仙台市青葉区五橋2-11-1 ショーケー本館ビル 1F
診療時間 10:00〜13:30 15:00〜19:30 土曜9:00〜13:30

下顎前突の症例

下顎前突(かがくぜんとつ)とは、上顎に比べて下顎が前に出ている状態の「受け口」とも言い、前歯のかみ合わせが逆なのが特徴です。
いわゆるしゃくれと言われることも多く見た目が気になる方が多い症例です。
食事の際に食べ物を噛み切る効率が落ちたり、他にも発声(しゃべり方)にも影響があります。

下顎前突症例 case-1

22歳女性。主訴は「反対咬合を治したい」

前歯部は完全に反対に咬み込んでおり、咬み合わせも深い状態でした。矯正検査・診断の結果、上顎骨のサイズが小さく標準値より後方に位置し、下顎骨はサイズが大きく前方に位置していることが分かりました。上下の前後差が大きく歯の移動量が多かったため、インプラントアンカーを用いて上顎歯列は歯列全体を前方に移動し、下顎歯列は反対に歯列全体を後方に移動することで矯正治療を行いました。非抜歯での治療でしたが治療期間は2年6ヶ月でした。

治療前

正面
右側
横から

治療後

正面
右側
横から

下顎前突症例 case-2

34歳男性。主訴は「下の前歯が上より出ている、正中がズレている、下顎の乳歯が虫歯でボロボロ」

上下の歯列の正中が大きくズレています。上顎左側小臼歯が完全に内側に転位しているため、上顎の正中は大きく左側に偏位していました。下顎は第二小臼歯が先天性欠損で乳歯が残存していましたが、右側は残根状態で、左側も大きな虫歯になっていました。

虫歯が結構あったのでまずはその処置をコンポジットレジン修復で行い、歯と同じ色調で仕上げました。その後矯正治療を開始しました。下顎の残存乳歯は抜歯し、前歯の凸凹歯の解消と後方移動のためのスペースとしました。また、左側に偏位していた上顎正中を補正するために、左側第一小臼歯と第一大臼歯のスペースを広げて第二小臼歯を歯列に参加させ、右側第一小臼歯は抜歯し歯列全体を反時計回りに回転させました。右側第一小臼歯と下顎乳歯を抜歯しましたが、代わりに親知らずを利用し歯数減少を相殺しました。このように抜歯スペースの利用と相反拡大でインプラントアンカーを使用せずに治療を完了できる場合もあります。治療期間は2年でした。

治療前

正面
右側
下の歯

治療後

正面
上の歯
下の歯

下顎前突症例 case-3

17歳女性。主訴は「かみ合わせが反対、上下の正中が合っていない。」

上顎は狭窄歯列弓で右側側切歯が内側に転位してため正中が右方偏位していました。下顎はサイズが大きく全体的に左方偏位しており、結果上下の正中が大きくずれている状態でした。上顎の前後的位置は標準でしたがサイズがやや小さい状態でしたので、上顎は前方と側方に拡大しながら右側側切歯のスペースを確保し、正中を左方に戻すこととしました。下顎は前方に位置していたため、歯列を後方へ移動する必要がありましたが、左方偏位を補正するためにインプラントアンカーを用いて右方への後方移動を主に行い治療しました。上下とも非抜歯での矯正治療で治療期間は1年10ヶ月でした。

治療前

正面
上の歯
下の歯

治療後

正面
上の歯
下の歯